前立腺癌の症状

前立腺癌は前立腺の外側である外腺から発生する確率が高くなります。前立腺癌は初期段階では、ほとんど自覚症状がありません。そのため、前立腺癌患者の多くが、癌が進行してから発見されています。前立腺癌は、定期的な検診が大切になってくる病気です。

前立腺癌の症状

前立腺は尿道を囲むようにして存在しています。前立腺癌が進行すると、癌細胞の増殖により尿道が圧迫され、さまざまな病状があられるようになります。

尿道が圧迫されることにより、膀胱から尿の流出が妨げられます。そのため、尿が出にくくなります。排尿が困難になることでトイレの回数が増え、頻尿にもなります。夜間にもトイレによって目が覚めるような状態が続きます。尿意を感じると、トイレにいくまでに排尿をおさえることができない場合もあります。残尿感も前立腺癌の特徴です。

そのほかには、尿に血液や膿が混じることもあります。下腹部の不快感や、排尿時に痛みをともなうケースもあります。

さらに前立腺癌が進行し、排尿困難が悪化すると、尿が出なくなってしまいます。尿道や膀胱に癌細胞が浸潤すると、膀胱の刺激病状が強くなります。尿失禁や血尿など、病状が悪化していきます。また、癌細胞がリンパ節や骨などに広がってしまうと、骨や関節、背中や腰などにも痛みがあらわれることが多くなります。

リンパ節に転移した場合は、足がむくむといったケースがあります。骨での転移しやすい箇所は骨盤と腰椎、胸椎であり、転移した場合は、その箇所に痛みが生じます。

前立腺癌イメージ

前立腺癌の診断

前立腺の病気に、前立腺癌と前立腺肥大症というものがあります。前立腺癌と前立腺肥大症の病状は、排泄が困難になるなど、とてもよく似ているため、病気の判断には専門医による検査が必要となってきます。

なお、前立腺肥大症が前立腺癌に発展することはありません。ですが、前立腺癌と前立腺肥大症は、ともに発症するケースもありますので注意が必要です。

主な前立腺癌の検査は、直腸診と血液検査の2つになります。病院によっては、血液検査を先にするところもあるようです。ですが、前立腺癌を早期発見するためには、直腸診と血液検査の両方を毎年受けることをおすすめします。

・直腸診
医師が手袋をはめて、患者の肛門から直腸壁ごし前立腺を触れることによって診断します。前立腺の大きさや形を確かめます。前立腺癌の場合、癌の部分が硬くなります。直腸診は短時間でできるのが特徴で、患者の不快感も思っているよりはありません。体への負担が少ない検診です。

・血液検査(PSA検査)
採血することで、前立腺癌の腫瘍マーカーである前立腺特異抗原(PSA)を測定します。PSAの数値が高いと、前立腺の病気の疑いが強くなります。血液検査では、前立腺癌以外の前立腺炎などの異常も発見できるのが特徴です。

・前立腺針生検
直腸診と血液検査で前立腺癌の疑いがある場合、針を使って前立腺の組織を採取します。この組織を顕微鏡で詳しく検査して、癌細胞があるかどうかを調べます。前立腺針生検により、癌細胞の証明をすることで、前立腺癌と診断されます。前立腺針生検は前立腺癌を診断する確実な方法です。

HOME | 前立腺癌の症状と診断 | 前立腺癌の治療と後遺症 | 前立腺癌の再発と生存率

 

Copyright 前立腺癌の治療法や生存率について All rights reserved.

privacy